Home > 2012年09月

2012年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■MUJI男への応援ポチッ☆オネガイシマス(^^) → にほんブログ村 インテリアブログへ

■応援ポチ☆が更新の励みにナッテマス(^^) → 人気ブログランキングへ

■ブックマークはこのボタンからどうぞ→       


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

LEDシリコーンペンダントライト・3灯or多灯タイプ


前回と前々回に続いて某インテリア雑誌の
インテリアランキングの紹介をしたい



あの 体にフィットするソファ スタッキングシェフル
壁に付けられる家具 アロマディフューザーなど
無印良品の看板商品がずらっと並ぶランキングベスト10内で
ひそかに第8位ランクインしていたのが
LEDシリコーンペンダントライト



無印良品の照明 LEDシリコーンペンダントライト・3灯タイプ



特長としては節電に優れるLEDを使用しているのと
カバー部分にシリコンを採用している点だ



LEDの利点については説明するまでもないだろう



気になるのがもう一つの特長である
カバーにシリコンを採用しているという点



一瞬 燃えて火事の原因になる可能性が
ないのだろうかと心配になるが
シリコンはそのやわらかさだけが
特性としてよく取り上げられるが
実はかなりの耐熱性に優れる素材でもあるようだ



つまりの大きな地震で照明が
頭上に落下するようなことがあっても
ケガをするリスクが低く
安全性の高い照明だということになる



そういえば床おきタイプの間接照明用のライトにも
同じシリコンを採用したものがあったはず
これも同じ理由で安全性が売りなのだろう



では次にペンダントライトの特性について触れてみる



ペンダントライトの特長は何と言っても
一部分をスポット的に強く照らし
部分照明の効果が期待できる照明であるということ



無印良品の照明 LEDシリコーンペンダントライト



もちろん全体を照らす能力もあるのだが
一般的なシーリングライトよりも全体照明としての能力は劣る



言い方を変えると部屋に光の明暗のメリハリをつけて
部屋の空間を演出しリラックスできる雰囲気を出すには
ペンダントライトが良いということだ



全体を均一に照らしてしまうシーリングライトには
そういった演出効果は期待できない



特にダイニングテーブルの上には
ペンダントライトがオススメで
食事をよりいっそう美味しそうに見せる演出効果も期待できる



資金に余裕があれば有名なインテリアデザイナーの
ペンダントライトも良いかもしれないが
手頃にペンダントライトで光の演出を楽しみたいなら
無印のペンダントライトでも十分オシャレな空間を演出できる



特に今は無印良品週間中なので
ちょっと値が張るインテリアを買うには
絶好のチャンスだ → Ranking



■今日のMUJI男は!? → シンプルモダンインテリアランキング






■MUJI男への応援ポチッ☆オネガイシマス(^^) → にほんブログ村 インテリアブログへ

■応援ポチ☆が更新の励みにナッテマス(^^) → 人気ブログランキングへ

■ブックマークはこのボタンからどうぞ→       


Home > 2012年09月

Blog Ranking

応援Clickアリガトウ☆

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログへ

MUJI男 掲載メディア
MUJI男がこれまでに登場・掲載されたTV・雑誌など

プラスワンリビング
2010.7.7発行



マンションインテリアSuperBook  
2009.10.26発行 
マンションインテリアsuperbook


無印良品Focus展
2009.10.15~11.16
MUJI新宿店にて


NHKおはよう日本
2009.4.21放送
巣ごもり消費についてのコーナーで 無印の楕円コタツを語る


人気記事 アクセスランキング

☆画像クリックで記事へ


NO.1 体にフィットするソファ


NO.2 無印良品 アロマディフューザー


NO.3 壁掛式CDプレーヤー


NO.4 無印良品 カウチソファ


NO.5 無印良品 USBデスクファン


NO.6 無印良品 壁に付けられる家具


NO.7 コンパクト・CDレコーダー・ホワイト


NO.8 無印良品 ハイバックリクライニングソファ


NO.9 フラワーMUJI オーガスタ


NO.10 駅の時計・アラームクロック・アイボリー・角型


Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。